みやぎ生協のふるさと米・産直提携米
おいしくお米を食べるには? お米が届くまで お米の品種と特徴 お米ができるまで
ふるさと米提携米ホームページみやぎ生協ホームページへ

ふるさと米の品種

ふるさと米の品種

品種名 特徴
ひとめぼれ ごはんの香り、光沢があり、粘りが強く、ササニシキ、こしひかりに劣らないお米です。
お米を見て一目惚れ、食べて美味しさに一目惚れしていただき、皆様に愛されるお米にしていきたいという願いを込められて『ひとめぼれ』と名付けられました。
ササニシキ 宮城県を代表するお米。あっさりとした舌触り、風味と香りにすぐれたお米です。
お寿司屋さんは『シャリといったらササニシキ』と高い評価を得ています。
名前の由来は、両親の優れた特性にちなんで「ササニシキ」と名付けられました。
コシヒカリ 新潟県を中心に全国的に栽培されている品種です。宮城ではこしひかりの栽培に適した仙南角田・丸森地区で多く栽培されております。
品質・光沢、食味共にきわめて良好な粘りが強い品種です。
まなむすめ 冷害に強く、おいしいというひとめぼれの良さを引き継ぎながら、病気にも強くなったひとめぼれの子どもです。食味はひとめぼれに近い品種です。
大切に育てた「ひとめぼれ」の「可愛いわが娘」を宜しくと生産者の願いを込めて「まなむすめ」と名付けられました。
たきたて 平成13年に宮城県古川農業試験場でうまれた『低アミロース米』新品種です。
このお米は従来のお米と比べて粘りが強く、冷めても硬くなりにくいお米です。
たきたてのおいしさがいつまでも味わえるように『たきたて』という名前になりました。
みやこがねもち 他県の「こがねもち」と区別するため、宮城県だけ『みやこがねもち』と命名されました。
宮城の土壌、気候、環境等に特に合致するため、もちは白くなめらかで、特に粘り、コシが強く、食味も良好なことから、ランクも「特A」という最高位に位置付けられ、主食用はもちろん、和(生)菓子、あられ等原材料にも全国的に愛用されています。

お米 ホーム お米ができるまで お米の品質と特徴 お米が届くまで おいしくお米を食べるには?